通信費用を見直してみる

通信費用を見直してみる

最近の通信費用といえば、携帯電話代金がパッと思い浮かぶのではないかと思いますが、

  • 携帯電話
  • 固定電話
  • WI-FI代金

など携帯電話以外にも毎月支払っている通信費の項目があります。各通信にも色々なプランがあるのですが、全く気にされていない場合は節約できる可能性は高いです。

携帯電話

価格は3つのセグメントに分かれます。

  • 主に大手間の比較。docomo、au、Softbank
  • 準大手の比較。Y!mobile やUQmobile +楽天
  • その他のブランド。LINEモバイルやIIJなど

固定電話

固定電話は用途により、おすすめ方法変わりますが主に現在は3種類です。

  • ひかり電話
  • NTT固定回線
  • 050IP電話

一般的には光電話が通話料や基本料金も安くおススメですが、光を引いていない場合は固定電話費用1700円だけ払った方がお得な場合があります。

自宅用WIFIルーター

こちらも、1人用、家族用などの用途によりおすすめ機種が分かれます。

  • フレッツ光他光回線
  • wimax UQ モバイル系
  • softbank air や携帯キャリアのLTEを利用するWIFIルーター

フレッツ光系サービス。現在1番普及しており、安定性、速度共におすすめなサービスです。初めの設定や、回線の準備に工事が必要だったりしますが長期利用なら間違いなく光回線です。ただし現在フレッツ光のインフラサービスを借りてdocomoやauなど様々なサービスがあり、価格競争があります。

WiMAXは、無線用WIFI用の独自の規格で、今後はLTEに統合されていく規格です。通信範囲がLTEに比べて狭いですが、都心部で利用するにはあまり気にならないと思います。LTEに比べると、最大速度も速いので、手軽に使えるのがメリットです。LTE、WiMAX共に、容量制限ありのプランが混在します。

LTEはお手軽な反面、速度が他の規格に比べて遅いのが難点。スマホ利用には問題ないが、ファイルや映画の大容量の物をダウンロードするには不向きです。

inosurf