携帯電話代を下げるには

携帯電話代を下げるには

総務省の統計によれば、10人中8人以上が、docomo、au、Softbankで契約しています。日本の携帯電話代は高すぎると最近話題になっていますが、大手3社の価格帯が反映しているだけであり、その他の通信事業者はむしろ安い価格帯で設定されています。実は800以上もの通信事業者が世の中には存在しており、平均2000円以内に収まるプランでそれらの事業者はプランの提供をしています。でも何故普及しないのでしょうか?それはいくつかのマイナス点が格安スマホにあることに加えて以下の3つの要因が起因していると思います。それは

  • 通信が生活に密着していること(重要)、
  • 大手携帯会社のプランが複雑な為、携帯電話=複雑というイメージがついていること、
  • その為、過度なサービスが必要だという刷り込みがなされている為、安心感が重要なファクターになってしまっている事
  • が原因かと思います。
  • 格安系の2本柱

    それでも下記の2社ならあまりリスクを摂らずに月々の価格を値下げすることは可能です。

    大手通信会社のサブブランドY!mobile (会社もソフトバンクさんです)とUQ mobile (au子会社)。

    こちらの2社は圧倒的に他の格安系より優れています。

    • 通信速度が安定している
    • ショップが多数ありサービス面でも見劣りしない
    • 携帯電話セットプランもある程度充実

    あまり電話のことがわからなくても、月々の電話代がお得になります。それでは他の事業者は何が違うのでしょうか?

    圧倒的なコストパフォーマンス

    他の事業者のデメリットをあげると

    • 通信速度が朝、昼、夕方が不安定
    • ショップがない
    • 取扱端末が少ない
    • 海外で通信サービスが無い
    • 携帯固有のメールアドレスが無い
    • 電話代金にあまりメリットが無い

    結構ありますね。ただしそれらを割り引いても、価格でいえば、大手、準大手さんと比較して元が安い為、初年度だけ安い方針ではなく、ずっと安心して安く利用する事が可能です。また、契約がシンプルな為、実はショップへ行く必要もほとんどありません。

    まとめると、

    docomo au Softbank=1万円位の出費は気にならない、通信速度が必要不可欠、電話をよく書ける方、海外でローミングサービスを利用する、通信は大容量が必要な方向け

    UQ Y!mobile =多少が必要で、速度、電話をよくかける人。

    その他の格安sim=価格重視の方。家にWIFIを引いている方。上記のこだわりがあまり無い方。

    お勧め格安sim比較はこちら

    inosurf