20歳学生でも国民健康保険料を滞納しない方がいい理由がおかしい?

ある東洋経済の記事を読むと表題のような内容が出ており、気になって読んでみた。

https://diamond.jp/articles/-/198873?display=b

まとめるとこんな内容だ。

ある若者が、20歳から支払い義務のある国民健康保険を学生時代に支払っておらず、社会人になってから自転車で転び、脊髄損傷した為、障害者になる。

20代の給付率は、全体の約10%もいるという。ん?って思う。20代後半6%と、20代前半の約4%。を足し合わせての換算だ。

この話は、学生時代の未納がリスクという話なのに、わざわざ20代後半の6%の事故率をかさ上げして不安を煽っているが実際は4%しか給付は受けていないのに10%と煽るのは何事かと怪訝に思う。

また、保険料給付をもらうには、学生が毎月1万4千円を支払う必要があるが、払わないと老後一生年間4万円が受け取れないという。

ここにも悪意が。一生って現在の給付制度では、65歳〜80歳であろうから、総額で言えば、4万円x15年間であるとすると、たったの60万円だ。一方お金のない学生時代に24ヶ月で34万円を拠出する必要があるのだが、65歳からの60万円と学生時代の34万円の価値は、比べるもなく学生時代の34万円の方が遥かに価値が高いことは、言わずもがなである。

心配であれば、一般的な保険は、リスク度合いにより掛け金が変わる為、若い時の掛け捨ての保険料を計算すると、月1500円程度であり、10分の1程度に減額可能だ。

改めて気づいたが、学生時代は、学生納付特例を申請する事で、万一事故にあって障害者なった場合は、年金需給資格を得れる状況にしつつ、卒業したら、1年半だけ民間の保険に加入して、リスクを回避し、学生納付特例の保険料は払わない選択が1番賢い選択であると感じてしまった。

書いてあることは真っ当だが、悪意を持って書かれた情報が溢れている最たる記事であった。

ギガ不足

携帯代金のギガが月末になると足りなくて困ってるギガ難民の皆様、ジワリと携帯代金を蝕む困りものの一つですね。

そんな方にいくつか方法をアドバイスを今回はしたいと思います。

  1. 携帯プランを見直す
  2. ポケットwifiルーターを借りる
  3. プリペイドsimと格安ポケットwifiルーターを用意

携帯プランを見直す

そもそも毎月ギガ不足になる方はプランを見直しがオススメ。大容量で足りない方は無制限ポケットwifiルータープランを。それ以外は、1つ上の容量プランを検討。超えたり超えなかったりする方は、最近流行りの従量制プランがオススメです。

ポケットwifiルーターを借りる

携帯の大容量プランは高額な為、そもそも無制限のwifiルータープラス、携帯会社のプランを安めのプランにすればギガ不足は凌げます。

プリペイドSIMを活用する

残り数日の為に1GB辺り1000円を支払って、延命措置をするのは馬鹿らしい。そこで利用するのが、プリペイドSIMを活用する方法です。安めのWI-FIルーターを一台購入してプリペイドSIMカードを都度購入するのがお得です。これなら、イニシャルは3000円位に都度1000円位で数日間ガンガン使えますね。

毎月月末に通信遅くなって困っている方、今の時代携帯が無いと何も出来ないことが多いので、検討してみて下さい。

確定拠出年金DCとiDeCo

節税対策を行う上でまず取り組むべきは、確定拠出年金又はiDeCoです。このサイトをお読みの方にはそもそもよくわからないという人が大半かと思いますので、簡単に説明します。


目次

  1. 確定拠出年金とは
  2. どんなメリットがあるの
  3. 確定拠出年金のやり方

確定拠出年金とは?

確定拠出年金とは、名前に年金が入っている通り、現在の年金制度が危うい為、老後の年金を個人のお金で運用してもらおうという制度です。企業が導入して運用をしているものを、企業型確定拠出年金、制度名ではDCと呼ばれて運用されています。

一方導入していない企業もたくさんある為、銀行や証券会社などが個人向けに同じ制度を運用しているのが、個人型確定拠出年金になり、制度名をiDeCoと名付け運用しています。

両者の大きな違いは、iDeCoには運用手数料を各運用元になる、銀行や証券会社に支払う必要はあります。

ちなみに運用額は、最大で66万円、月額5.5万円までとなります。


どんなメリットがあるの?

税金対策、確実な貯蓄方法としては1番効果があります。なぜかと言うと、自分の年収からそのまま運用資金を差し引く事が出来るからです。つまり自分の年収を見えかたとしては66万円まで下げる事が出来るんです。

年収500万円の場合の効果

  • 社会保険料は年間33,840円の削減
  • 所得税は25,240円の減税
  • 住民税は26,660円の減税

合計85,740円の節約(月7,145円)

  • 月3万円の貯蓄をしながら、実質手元から減る金額は22,855円で済むので相当お得です。
  • 詳細を知りたい方のみ下記の解説をご覧ください。詳細は以下です。

  • 毎月3万円をDCで運用する年収500万円(月給30万円+ボーナス140万円)のAさんの場合

    社会保険料の違い

    月給30万円と月給は27万円では?

    健康保険料(9.9%/会社半額負担時4.95%)と厚生年金(18.5%/会社半額負担時9.25%)の金額が変わります。仮に30万円の収入の場合は、健康保険料として月14,850円と厚生年金として月27,450円を収める所を、27万円の収入の場合、健康保険料が月13,860円厚生年金は月25,620円に減額されます。

    賞与の確定拠出年金は控除されない為、1回70万x2にかかる保険料は14.2%が2回で199,800円。

    上記から計算するとしめて月2,820円、年間にすると33,840円の支出が減ります

    所得税を計算

    そして税額に関しては年収500万円の場合、給与所得控除20%+54万円を差し引き346万円に基礎控除38万円と社会保険料合計706,400円が控除されて、課税所得は2,373,600円がとなります。195万〜330万円の課税所得者の場合課税所得の10%から97,500円を差し引いた金額が所得税がかかりますので、以下の計算になります。

    2,373,600円x10%=237,360円-97,500円=139,860円

    所得税は139,860円ですね。

    同様に3万円の確定拠出年金をしている方の年収は、12か月分、年36万円差し引くことになり、464万円の年収とみなされて計算します。

    給与所得控除

    20%-54万円ですので、317.2万円が所得となります。

    課税所得を算出

    基礎控除38万円と社会保険料67.256万円を差し引きます。317.2万円-38万円-67.256万円=2,119,440円

    所得税を計算

    10%-97.500円を差し引きます。21.194万円-9.75万円=11.444万円

    所得税は114,440円ですね。

    139,860-114,440=25,420円 の減税です。


    住民税を計算

    住民税=所得割+均等割

    ほぼ住民税の計算も上記と同じですが、更に複雑になる為ざっくり課税所得の10%とさせていただきますが、課税所得の算出する際に、住民税の基礎控控除額が38万円→33万円に減額されます。

    その為課税所得は、

    確定拠出年金支払い前

    2,373,600円+50,000円=2,423,600円x10%

    =住民税243,600円

    確定拠出年金支払い後

    2,119,440円+50,000円=2,169,440円x10%

    =住民税216,940円

    そこから本来、調整控除という控除をします。扶養控除や生命保険控除を受けている方には調整控除が入りますが、このケースの場合はその他控除を無しで想定している為0円です。

    税金について考えてみる

    皆さん、突然ですが、年収と所得の違いはご存知ですか?年収が多いとステータスが高い=お金持ちのイメージがあるかと思いますが、大事なことは、可処分所得が高いことです。お金が使える俗に言うお金持ちの状態になる為には可処分所得を上げるということです。可処分所得を上げる為には

    1. 年収を上げる
    2. 課税所得を下げる
    3. 年収を下げて社会保険料を下げる
    4. 税金を払わない
  • 上記の4つのやり方があります。結論から言えばDC確定拠出年金又はiDeCoは、年収自体を下げる効果がある為、社会保険料と所得税、住民税を下げる事ができます。住宅ローン控除とふるさと納税は確定した税金から丸々差し引かれてお金が戻ってくる為効果が大きいです。その他の生命保険料の控除は課税対象額を減らすだけの為、効果は限定されます。
  • 今回は所得税の課税の仕組みを理解して年収を上げずに可処分所得を上げる方法を紹介します。税金の仕組みの厄介な点は、普通の人にとって、言葉の意味がわかりづらい点にあると思っています。そこで、社会人経験がある方なら馴染みのある会社の会計に置き換えて課税の仕組みを説明します。

  • 目次

      経理の言葉に置き換えて税金の仕組を知る
      事業者の税金のかかり方
      個人の税金のかかり方
      どの費用から控除されるのか知る

    1. 経理の用語に置き換えてみる

    • 収入は売上
    • 給与所得控除とは原価
    • 所得とは粗利
    • 所得控除とは経費
    • 課税所得とは営利又は税引前利益
    • 可処分所得とは税引後利益(純利益)

    にすると分かりやすいかもしれません。サラリーマンの場合、事業主と異なり原価や経費と言う概念を所得控除という言葉に置き換えられている為実感が湧きません。会社では営利が大事だとわかっている方でも自分の所得に興味が無く、年収にばかり拘る方が多いのは、複雑な税制と用語がわかりづらい為、手取り早く優劣がつく年収に目がいくのでしょう。


    2.事業主の場合で考えてみる

    売上2000万 原価が700万 粗利1300万

    経費1200万 営利100万

    経費1200万円 内訳

    人件費500万 (月給30万賞与7月70万12月70万円とする) 家賃400万 広告100万 光熱費30万 交際費70万 社用車70万 雑費30万

    営利100万円 法人税40万(40%ざっくり)

    税引後利益60万円


    3.サラリーマンの場合で考えてみる

    サラリーマンの人は給与が売上(500万円)

    給与控除(154万)が原価。

    所得(500-154=346万円)は粗利。

    基礎控除(38万円)は経費。他の控除もここで差し引きします。

  • 課税所得(346-38=308万円、そこから社会保険料(35.64万円)と厚生年金(32.94万円)の合計68.58万円を引く。239.42万円が課税対象額となります。
  • 税率は課税所得に対して決まるため、
  • 239.42万円
  • 上記が課税対象となり、課税表に合わせると10%-97500円が税額となる為
  • 239,400円-97,500円=141,900円が税金が所得税となります。

  • 内訳の算出方法

    給与所得控除(収入で計算)

    • 360〜660万の収入の場合 給与の20%+54万円
  • 課税所得控除(課税所得額で計算)

    • 社会保険料と厚生年金も経費に組み込める
      その他生命保険控除や扶養控除を差し引ける
  • 課税計算
    • 199万〜329万円の課税所得の人場合10%-9.75万円

  • 社会保険料と厚生年金は標準月額報酬から算出

    • 標準月額報酬とは4.5.6.月の平均収入(売上)より算出され、次の9月〜8月まで採用される。
      ボーナスや一時金は含まない為年収とは異なる。
  • 社会保険料(下記を合わせて月給の約20%です)

  • 健康保険料(9.9%)

  • 30万円の場合2.97万x12ヶ月 35.64万円
  • 厚生年金(18.3%/個人負担は9.15%)

  • 30万円の場合2.745万円x12ヶ月(会社も同額負担)32.94万円

  • 4.控除されるタイミングが異なる

    控除されるタイミングが異なる為、同じ控除額でも節税や社会保険料の金額に差が出ます。

    収入←確定拠出年金年金は収入から引ける
    給与所得控除
    所得
    所得控除←社会保険・各種保険・扶養・雑損・医療費控除はここで調整が入る
    課税所得
    可処分所得

    所得税と住民税←寄付控除(ふるさと納税)、住宅ローン控除

    主なの控除とは

      基礎控除 所得税38万円 住民税33万
      医療費控除 年間10万円を超えた部分
      雑損控除 盗難など
      寄付控除 ふるさと納税
      扶養控除 専業主婦や高校生以上の子供
      保険控除 生命、介護、年金保険など
      社会保険料控除 健康保険、厚生年金など

    ガス代を節約するには

    ガス代金が電力に続いて2018年自由化されました。参入会社は携帯や電気に比べて少ないですが、値下げできる可能性が出てきました。

    ガスにはプロパン、都市ガスに分かれており、両者の価格は異なりますが、発熱量も違うのご存知でしたか?

    プロパンの発熱量は都市ガスの2.2倍。コストは都市ガスの約3倍の為、値段の差は都市ガスの1.4倍位なのご存知でしたか?私恥ずかしながら知らなかった〜。

    で節約の基本知識に入ります。

    • 今のガスは都市ガスorプロパンガス
    • ガス会社を比較する
  • 以上です。
  • プロパン>安いプロパン>都市ガス>安い都市ガス

    の順に安い都市ガスが1番コスパがよろしいようです。

    いかがでしたか?我が家も放置していたので早速見積もり開始します。

    電気代を節約するには

    2017年に一般家庭用の電力自由化が施行されたのはご存知でしょうか?元々電気代は地域格差があり、東京と九州などでは大幅に料金が異なります。また、電気代の構成は基本料の20A〜60Aで1000円以上の開きがあります。

    そして、電気代を使えば使うほど段階的に料金が上がっていく仕組みになっています。

    元々東電などにも各種プランがありますが、主にインパクトが強いのが、週末は安く平日は高いプランや、日中は高いが夜間は安いプランなど一部の方のみ安いプランとなっており、価格の恩恵を受けられるのは一部のユーザーのみでした。

    新電力各社は、この仕組みを、基本料金が無料だったり、大容量使うとお得になったり様々なプランが発売され、電気代が2万円以上になる世帯では大幅に節約出来るプランが登場しています。

    新電力のプランを検討する

    携帯電話代を下げるには

    総務省の統計によれば、10人中8人以上が、docomo、au、Softbankで契約しています。日本の携帯電話代は高すぎると最近話題になっていますが、大手3社の価格帯が反映しているだけであり、その他の通信事業者はむしろ安い価格帯で設定されています。実は800以上もの通信事業者が世の中には存在しており、平均2000円以内に収まるプランでそれらの事業者はプランの提供をしています。でも何故普及しないのでしょうか?それはいくつかのマイナス点が格安スマホにあることに加えて以下の3つの要因が起因していると思います。それは

    • 通信が生活に密着していること(重要)、
    • 大手携帯会社のプランが複雑な為、携帯電話=複雑というイメージがついていること、
    • その為、過度なサービスが必要だという刷り込みがなされている為、安心感が重要なファクターになってしまっている事
  • が原因かと思います。
  • 格安系の2本柱

    それでも下記の2社ならあまりリスクを摂らずに月々の価格を値下げすることは可能です。

    大手通信会社のサブブランドY!mobile (会社もソフトバンクさんです)とUQ mobile (au子会社)。

    こちらの2社は圧倒的に他の格安系より優れています。

    • 通信速度が安定している
    • ショップが多数ありサービス面でも見劣りしない
    • 携帯電話セットプランもある程度充実

    あまり電話のことがわからなくても、月々の電話代がお得になります。それでは他の事業者は何が違うのでしょうか?

    圧倒的なコストパフォーマンス

    他の事業者のデメリットをあげると

    • 通信速度が朝、昼、夕方が不安定
    • ショップがない
    • 取扱端末が少ない
    • 海外で通信サービスが無い
    • 携帯固有のメールアドレスが無い
    • 電話代金にあまりメリットが無い

    結構ありますね。ただしそれらを割り引いても、価格でいえば、大手、準大手さんと比較して元が安い為、初年度だけ安い方針ではなく、ずっと安心して安く利用する事が可能です。また、契約がシンプルな為、実はショップへ行く必要もほとんどありません。

    まとめると、

    docomo au Softbank=1万円位の出費は気にならない、通信速度が必要不可欠、電話をよく書ける方、海外でローミングサービスを利用する、通信は大容量が必要な方向け

    UQ Y!mobile =多少が必要で、速度、電話をよくかける人。

    その他の格安sim=価格重視の方。家にWIFIを引いている方。上記のこだわりがあまり無い方。

    お勧め格安sim比較はこちら

    通信費用を見直してみる

    最近の通信費用といえば、携帯電話代金がパッと思い浮かぶのではないかと思いますが、

    • 携帯電話
    • 固定電話
    • WI-FI代金

    など携帯電話以外にも毎月支払っている通信費の項目があります。各通信にも色々なプランがあるのですが、全く気にされていない場合は節約できる可能性は高いです。

    携帯電話

    価格は3つのセグメントに分かれます。

    • 主に大手間の比較。docomo、au、Softbank
    • 準大手の比較。Y!mobile やUQmobile +楽天
    • その他のブランド。LINEモバイルやIIJなど

    固定電話

    固定電話は用途により、おすすめ方法変わりますが主に現在は3種類です。

    • ひかり電話
    • NTT固定回線
    • 050IP電話

    一般的には光電話が通話料や基本料金も安くおススメですが、光を引いていない場合は固定電話費用1700円だけ払った方がお得な場合があります。

    自宅用WIFIルーター

    こちらも、1人用、家族用などの用途によりおすすめ機種が分かれます。

    • フレッツ光他光回線
    • wimax UQ モバイル系
    • softbank air や携帯キャリアのLTEを利用するWIFIルーター

    フレッツ光系サービス。現在1番普及しており、安定性、速度共におすすめなサービスです。初めの設定や、回線の準備に工事が必要だったりしますが長期利用なら間違いなく光回線です。ただし現在フレッツ光のインフラサービスを借りてdocomoやauなど様々なサービスがあり、価格競争があります。

    WiMAXは、無線用WIFI用の独自の規格で、今後はLTEに統合されていく規格です。通信範囲がLTEに比べて狭いですが、都心部で利用するにはあまり気にならないと思います。LTEに比べると、最大速度も速いので、手軽に使えるのがメリットです。LTE、WiMAX共に、容量制限ありのプランが混在します。

    LTEはお手軽な反面、速度が他の規格に比べて遅いのが難点。スマホ利用には問題ないが、ファイルや映画の大容量の物をダウンロードするには不向きです。

    稼ぐより削る方が簡単

    今の世の中、少しでも良い生活をする為には、お金を稼ぐか、無駄を削るかしかありません。お金を稼ぐには、残業するか、出世や転職ですが、そこには必ず誰か別の人からの評価や関わり、能動的に誰かと関わる必要が生じます。

    一方で、節約は一人称です。毎月50万を稼ぎ、固定費が10万円稼ぐ家計と、毎月45万を稼ぎ、固定費が5万円の家計の裕福度は同じです。

    どこの家庭でも、電気代やガス代は毎月利用する事になりますが、同じ品質の物を使っているのに金額が異なる物が巷には溢れています。単価100円のガスでも、単価90円のガスでもどっちでもいいですよね?

    節約出来る物にはどんなものがあるの?

  • 節約出来る物
    • 固定電話(電話プラン見直し)
    • 携帯電話(携帯自由化乗換)
    • WIFI(会社乗換・プラン変更)
    • 電気代(電力自由化乗換)
    • ガス代(ガス自由化乗換)
    • 水道代(使い方節約)
    • 住宅(節税・金利節約・投資)
    • 税金(節税・ふるさと納税)
    • 保険(節税・投資)
    • 月額課金アプリ
  • サラリーマンが収入を増やせる技
    • フリマアプリ(中古転売・せどり)
      オークション(中古転売・せどり)
      中古ショップ(中古転売)
      アフェリエイト(web広告収入)
      クラウドワーク(個人業務代行)
      ビザスク(1時間で自分の専門知識をシェア)
  • など
  • 色々と削れる事、副収入を得る事はみじかにありながら、惰性で支払いをしていしたり、捨てたりしていませんか。人は初めの一歩を踏み出すのが苦手な動物です。給与が上がらないと嘆く前に、改善してみてはどうでしょう。

    )