ギガ不足

携帯代金のギガが月末になると足りなくて困ってるギガ難民の皆様、ジワリと携帯代金を蝕む困りものの一つですね。

そんな方にいくつか方法をアドバイスを今回はしたいと思います。

  1. 携帯プランを見直す
  2. ポケットwifiルーターを借りる
  3. プリペイドsimと格安ポケットwifiルーターを用意

携帯プランを見直す

そもそも毎月ギガ不足になる方はプランを見直しがオススメ。大容量で足りない方は無制限ポケットwifiルータープランを。それ以外は、1つ上の容量プランを検討。超えたり超えなかったりする方は、最近流行りの従量制プランがオススメです。

ポケットwifiルーターを借りる

携帯の大容量プランは高額な為、そもそも無制限のwifiルータープラス、携帯会社のプランを安めのプランにすればギガ不足は凌げます。

プリペイドSIMを活用する

残り数日の為に1GB辺り1000円を支払って、延命措置をするのは馬鹿らしい。そこで利用するのが、プリペイドSIMを活用する方法です。安めのWI-FIルーターを一台購入してプリペイドSIMカードを都度購入するのがお得です。これなら、イニシャルは3000円位に都度1000円位で数日間ガンガン使えますね。

毎月月末に通信遅くなって困っている方、今の時代携帯が無いと何も出来ないことが多いので、検討してみて下さい。

携帯電話代を下げるには

総務省の統計によれば、10人中8人以上が、docomo、au、Softbankで契約しています。日本の携帯電話代は高すぎると最近話題になっていますが、大手3社の価格帯が反映しているだけであり、その他の通信事業者はむしろ安い価格帯で設定されています。実は800以上もの通信事業者が世の中には存在しており、平均2000円以内に収まるプランでそれらの事業者はプランの提供をしています。でも何故普及しないのでしょうか?それはいくつかのマイナス点が格安スマホにあることに加えて以下の3つの要因が起因していると思います。それは

  • 通信が生活に密着していること(重要)、
  • 大手携帯会社のプランが複雑な為、携帯電話=複雑というイメージがついていること、
  • その為、過度なサービスが必要だという刷り込みがなされている為、安心感が重要なファクターになってしまっている事
  • が原因かと思います。
  • 格安系の2本柱

    それでも下記の2社ならあまりリスクを摂らずに月々の価格を値下げすることは可能です。

    大手通信会社のサブブランドY!mobile (会社もソフトバンクさんです)とUQ mobile (au子会社)。

    こちらの2社は圧倒的に他の格安系より優れています。

    • 通信速度が安定している
    • ショップが多数ありサービス面でも見劣りしない
    • 携帯電話セットプランもある程度充実

    あまり電話のことがわからなくても、月々の電話代がお得になります。それでは他の事業者は何が違うのでしょうか?

    圧倒的なコストパフォーマンス

    他の事業者のデメリットをあげると

    • 通信速度が朝、昼、夕方が不安定
    • ショップがない
    • 取扱端末が少ない
    • 海外で通信サービスが無い
    • 携帯固有のメールアドレスが無い
    • 電話代金にあまりメリットが無い

    結構ありますね。ただしそれらを割り引いても、価格でいえば、大手、準大手さんと比較して元が安い為、初年度だけ安い方針ではなく、ずっと安心して安く利用する事が可能です。また、契約がシンプルな為、実はショップへ行く必要もほとんどありません。

    まとめると、

    docomo au Softbank=1万円位の出費は気にならない、通信速度が必要不可欠、電話をよく書ける方、海外でローミングサービスを利用する、通信は大容量が必要な方向け

    UQ Y!mobile =多少が必要で、速度、電話をよくかける人。

    その他の格安sim=価格重視の方。家にWIFIを引いている方。上記のこだわりがあまり無い方。

    お勧め格安sim比較はこちら

    通信費用を見直してみる

    最近の通信費用といえば、携帯電話代金がパッと思い浮かぶのではないかと思いますが、

    • 携帯電話
    • 固定電話
    • WI-FI代金

    など携帯電話以外にも毎月支払っている通信費の項目があります。各通信にも色々なプランがあるのですが、全く気にされていない場合は節約できる可能性は高いです。

    携帯電話

    価格は3つのセグメントに分かれます。

    • 主に大手間の比較。docomo、au、Softbank
    • 準大手の比較。Y!mobile やUQmobile +楽天
    • その他のブランド。LINEモバイルやIIJなど

    固定電話

    固定電話は用途により、おすすめ方法変わりますが主に現在は3種類です。

    • ひかり電話
    • NTT固定回線
    • 050IP電話

    一般的には光電話が通話料や基本料金も安くおススメですが、光を引いていない場合は固定電話費用1700円だけ払った方がお得な場合があります。

    自宅用WIFIルーター

    こちらも、1人用、家族用などの用途によりおすすめ機種が分かれます。

    • フレッツ光他光回線
    • wimax UQ モバイル系
    • softbank air や携帯キャリアのLTEを利用するWIFIルーター

    フレッツ光系サービス。現在1番普及しており、安定性、速度共におすすめなサービスです。初めの設定や、回線の準備に工事が必要だったりしますが長期利用なら間違いなく光回線です。ただし現在フレッツ光のインフラサービスを借りてdocomoやauなど様々なサービスがあり、価格競争があります。

    WiMAXは、無線用WIFI用の独自の規格で、今後はLTEに統合されていく規格です。通信範囲がLTEに比べて狭いですが、都心部で利用するにはあまり気にならないと思います。LTEに比べると、最大速度も速いので、手軽に使えるのがメリットです。LTE、WiMAX共に、容量制限ありのプランが混在します。

    LTEはお手軽な反面、速度が他の規格に比べて遅いのが難点。スマホ利用には問題ないが、ファイルや映画の大容量の物をダウンロードするには不向きです。